レスポンシブルゲーミング

「レスポンシブルゲーミング」とは?

「レスポンシブルゲーミング (責任あるゲーミング)」とは、カジノ等のギャンブルというサービスを運営する事業者やソフトウェア開発会社が、社会に対し公平で安全なサービスを提供するための取り組みのひとつです。

ギャンブルは様々な国で親しまれており、多くの人は娯楽として適度に楽しんでいます。しかし、時にギャンブルは害をもたらす事があります。人によっては制御心を失い過度なギャンブルをしてしまったり、依存を引き起こす事もあります。

ギャンブルを楽しもうとする人はこれらの弊害をあらかじめ理解しておく事が大切です。そしてギャンブルをする人々だけでなく、カジノ事業者などギャンブルを提供する側が率先してそのような弊害を防止するよう努め、プレイヤーに安全な環境を提供をする事、そしてそれを徹底するために行政側がギャンブル規制に盛り込む事などが、「レスポンシブルゲーミング」の取り組みです。

具体的な対策

ギャンブルが規制されているほとんどの国では、運営ライセンスを取得するカジノやオンラインカジノに対し、規約にレスポンシブルゲーミングが盛り込まれ、社会的に責任あるゲーミングサービスを提供する事が求められます。これには、犯罪行為を防ぐ事、未成年者の参加を防ぐ事、ギャンブル依存などのリスクを考慮し、それを防ぐために事業者側が対策を施し、プレイヤーにとって安全で公平な環境を保つ事を目的としています。

規約でカジノ運営側に対して求められる内容は国によって異なりますが、広告・マーケティングに関する規制や、安全にギャンブルを楽しむための情報提供の義務、プレイヤーの意志によりギャンブル施設やウェブサイトから自身を締め出す自己制限を設ける事などが含まれます。また、多くはギャンブルに問題を抱える人々のための相談機関と連携し、事業者を通して紹介も行っています。