オカダマニラ

オカダマニラの未来

富士本淳氏はパチンコおよびパチスロ機の製造会社であるユニバーサルエンターテインメント(以下、ユニバーサル)の代表取締役社長兼CEOであり、さらにフィリピン最大の総合リゾートである「オカダマニラ」も所有しています。この総合リゾートは日本企業によって運営されています。

オカダマニラ創設者の岡田和生氏の最近の事件を鑑みたとしても、ユニバーサルはオカダマニラを運営し続ける意向を示しています。
オカダマニラは、フィリピンの首都のエンターテイメントシティ地区で最も高価な総合リゾートです。

優秀なパチンコ機事業を専門とするユニバーサルの富士本氏は、同社がIRを単独で運営している唯一の日本企業であることが、日本のIRライセンス取得への黄金の切符となりうることを示唆した専門家に大きく同意しています。

オカダマニラの未来

同社のフィリピンの子会社、「タイガーリゾートレジャーアンドエンターテインメント」はIR運営の可能性について調査するため、日本に事務所を開設しました。
ユニバーサルは6月に、投資銀行家のByron Yip氏をオカダマニラの最高執行責任者(COO)に任命しました。世界最大のダンスファウンテン周辺で、およそ1,000の客室、最大500のゲームテーブル、3,000のEGM、さらにダイニングとリテールを含む、IRの28億米ドルの第1フェーズの完成に向けて大幅な進歩を遂げました。

岡田和生氏の今後の計画については未だ不明瞭です。最近のインタビューの中で、岡田氏はユニバーサルを取り戻すことを約束しました。インタビューの間、岡田氏のそばに座っていた娘の岡田裕実氏は、ユニバーサルの67.9%の株式を所有する香港の事業体である岡田ホールディングスの9.78%の株式を保有しています。父親を解任するために彼女の兄が加入した後、裕実氏は現在、父親を復職させる意向を示しており、香港の裁判所はその可能性について検討中です。

オカダマニラの未来

オカダマニラの未来は非常に興味深いものとなるでしょう。我々はオカダマニラが今後成長し、海外の最も成功している日本のプロジェクトのひとつになると考えています。乞うご期待!

カジノブログジャパンはオカダマニラカジノについて詳しく紹介